俺の飯は?え〜!

一番笑ってもらった出来事をひとつ。

私の叔父が亡くなった時のことです。

私は身内のお葬式には出れなかったことが多くさすがに父のお葬式には出れましたが義父に「いつまでも泣いてたらあかん!早く実家から帰ってこい!」と言われ一人になった母にもう少しだけ寄り添ってあげたかったのですがお葬式の次の日に帰ったのを思い出します。

モラ夫の両親はライオン家族で野生の王国のような情に流される人ではなく故人の話しなど一切なく私の父のこともなかったことになってます。

私の長男が産まれて危険な状態の時も義父は「まだまだ若いから産もうと思ったら産める!」

え!と集中治療室にいる長男を前にして言われたこともありました。

なのでモラ夫も情はなく仏壇に手を合わすことはほとんどありません。

それでも今回はモラ夫に頼みに頼んでやっと叔父の葬儀に行けることになりました。

この叔父は話が面白い人だったのもありモラ夫も父のお葬式に会って話したこともあって、気に入ってた?こともあったと思います。

いざお葬式へ!

初めて行く所はちゃんとシミレーションをしとくべきですね。

それが一番の間違えでした。

行きは遅刻ギリギリでしたが何とか辿り着いたので元来た道を帰れば帰れるだろうと言う安易な考えがとんでもないことに!

秋の釣瓶落としです。いっぺんに辺りは暗くなり私は道に迷ってしまいました。

いろいろな人に道を聞くも「私はどこ?」

方角さえわからなくなり携帯の電池も少なくなりパニックになってきた私にモラ夫から電話が!

モラ夫の一声が

「今どこや!」「俺の飯は?」

迷っていることを告げると

電話で「寿司たのめ!」え!

「電話番号わからない!」

自分で頼んで欲しいと告げると

「お前がせぇ〜!」

携帯の地図を頼りにまた歩き出すも

モラ夫からジャンジャン電話が!

「寿司頼んだんだか!」

息子たちにも助けを求めたのですがモラ夫と喧嘩して家を出ていき最後に出前の電話番号だけ送ってきて

なんの役にもたちません。

真っ暗ですれ違う人もいなくなり閉店ガラガラのお爺さんの店主さんに聞いてやっと行き過ぎていることがわかりました。

平生歩き慣れている私はパニックてたのもあって余計に足早に歩いてたのでしょうね。

なんと二駅ほど歩いてたみたいです。

結局最初の駅には辿り着けなかったのですが何とか駅に!電車にもすぐ乗りホッとしたのも束の間モラ夫からラインが!

「寿司頼んだんだか?」

ホームにつき出前を頼むと

「本日は終了しました。」

モラ夫が頼めば十分間に合ったと思います。

それをモラ夫に言うと今度は

「トンカツ弁当と刺身盛り合わせを買ってこい!」

こんな遅い時間には絶対ないだろうなぁ?と諦めてたら

ありました!やった!と

持ち帰るとモラ夫は黙々とと食べて

気がすんだと思いきや

「明日散らし寿司とお刺身盛り合わせたのめ!」

クタクタになって帰る私に何の言葉がけもなくまだ食事で腹いせでした。

後でわかったことですが私が彷徨ってた2時間の場所は行ったこともない叔父の家の近くだったことと近々自殺された方の近くだったみたいです。

ぞ〜!夏のオチでしたね。

この話を私の親戚や友達に話すと

私がパニックて彷徨ってたのと

モラ夫の「寿司頼め!」が面白かったので大笑いされました。

あっ!ひとつ助かったことがありました。私はお葬儀の靴と普段の靴を持って行ってたことです。

恥ずかしながらお葬儀の靴が箱に入れたままで放置してたのもあって底が朽ちて歩くと剥がれてくる状態になってました。

もしその靴だけなら裸足で彷徨い電車もその状態で乗らなければならなかったです。

これはおまけの話です。

こんなモラ夫いませんか?

2件のコメント

  1. モラ夫
    めちゃくちゃ腹立ちますが‼️
    息子達にもめちゃくちゃ腹立ちます‼️
    ごめんなさい可愛い息子さんにこんな事を
    でも息子さんの助けや力がないと
    ホントにぱりんこさん1人では戦えない相手であり王国やから
    息子達ファイト❣️❣️ですよ〜
    ぱりんこさんをどうか助けてあげてくださいね〜

    1. manaさん!いつもいつもありがとうございます。
      お返事がすごく遅くなり申し訳ありません。

      共感して頂き嬉しいです。

      ライオン家族におっかなびっくり30年です。

      だいぶん免疫できましたが…あはははは!

      manaさんの息子さんみたいに優しくないので
      きついですよ。

      強くならなきゃ!と思うんですがいつも負けてます。

      健康を維持しないと立ち向かえないのでストレス発散に奈良公園歩いてます。ほんとありがたいです。

      manaさんも体調には気をつけてくださいね。

      お優しいメッセージありがとうございました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です